ファスティング研究所

ファスティングの回復食には「ごま」や「ナッツ」がおすすめ!

ファスティングの回復食には「ごま」や「ナッツ」がおすすめ!

ファスティング成功のカギとなる回復食。

ま(豆類・豆腐・納豆・味噌)
ご(ごま・ナッツなどの種実類)
わ(わかめ・昆布などの海藻類)
や(野菜や果物)
さ(魚・特に小型の青魚)
し(シイタケなどのきのこ類)
い(芋類や根菜類)

回復食では「まごわやさしい」の食材を選ぶと良いと言われていますね。

今回はその中の「種実類」について紹介していきます。

種実類が回復食におすすめな理由

・ごま
・ナッツ類

これらの食品がファスティングの回復食におすすめな理由は2つあります。

⑴脂肪燃焼の促進

ごまやナッツ類に含まれている脂質の多くは「不飽和脂肪酸」という良質な脂肪酸で構成されています。
ナッツ類不飽和脂肪酸は「脂肪燃焼の促進」や「脂肪をつきにくくする効果」が認められており、ダイエットには必要不可欠な栄養素です。

また脂肪酸の一種であるリノール酸は「体を正常に機能させる」効果があり、これは本来のファスティングの目的と同じなんです。

⑵食物繊維が豊富

ごまやナッツ類は食物繊維が豊富で、例えばアーモンドはごぼうの2倍もの食物繊維が含まれています。
アーモンド食物繊維を摂取すると腸の働きが活発になり、腸内環境が整うため、ファスティング後の空っぽの胃腸にはぴったりなんです。

さらにごまやナッツ類は意外と腹持ちが良く、空腹感を抑えることもできます。

ごま・ナッツ類のおすすめの食べ方

ファスティングの回復食として種実類を食べる場合、

◯ごま=大さじ1杯
◯ナッツ=25g

1日これくらいの量を目安にしましょう。

回復食に向いている種実類ですが、ナッツはともかく「ごま」を単体で食べることは少ないと思います。

そのため少し手間はかかりますが「すりごま」にして他の回復食にふりかけて食べるようにしましょう。

すりごまがおすすめな理由

ごま実はごまの表面はとても固い殻で覆われているため、すり潰さないと豊富な栄養素が体に吸収されにくいんです。

ごまは「炒る」ことで抗酸化力が約12倍に、そこから「する」ことで栄養の吸収率が3~9倍にグンとアップします。

【ごまの炒り方】
フライパンを熱して5分ほど炒る。4~5粒跳ねたらOK。

ごまの炒り方

【ごまのすり方】
すり鉢やミキサーで少し粒が残るくらいまでする。

ごまのすり方

種実類は何日目から食べていい?

栄養価が高く食物繊維も豊富な種実類ですが、やや消化に時間がかかります。

そのため回復期2日目以降の回復食として摂るのがおすすめです。

まとめ

【種実類が回復食におすすめな理由】
⑴脂肪燃焼の促進
⑵食物繊維が豊富
【種実類のおすすめの食べ方】
すりごまにして他の回復食にふりかけて食べる
【種実類は何日目から食べていい?】
基本的には回復期2日目以降

今回は「まごわやさしい」食材の「種実類」について紹介しました。

ファスティングの回復食にはぴったりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)