ファスティング研究所

ファスティングの回復食には「魚」がおすすめ!

ファスティングの回復食には「魚」がおすすめ!

ファスティング成功のカギとなる回復食。

ま(豆類・豆腐・納豆・味噌)
ご(ごま・ナッツなどの種実類)
わ(わかめ・昆布などの海藻類)
や(野菜や果物)
さ(魚・特に小型の青魚)
し(シイタケなどのきのこ類)
い(芋類や根菜類)

回復食では「まごわやさしい」の食材を選ぶと良いと言われていますね。

今回はその中の「魚類」について紹介していきます。

魚類が回復食におすすめな理由

・魚
・貝

これらの食品がファスティングの回復食におすすめな理由は2つあります。

⑴タンパク質が豊富

魚にはタンパク質が豊富に含まれているため、ファスティング後の筋肉の減少を防ぐことができます。

筋肉が落ちると体重は減りますが、代謝が下がり太りやすい体になってしまいますからね。

⑵栄養価が高い

魚にはタンパク質の他にもビタミン・ミネラルなど、体にとって必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。

ファスティング中に不足していた栄養素を補うことは、その後の健康維持においても非常に重要なことです。

魚類のおすすめの食べ方

だし汁

タンパク質を補給することは重要なのですが、ファスティング後に動物性タンパク質を含む「肉」や「魚」をそのまま食べることは厳禁です。

そのため回復期2日目以降から、魚のだし汁でタンパク質を補給しましょう。
鰹節のだし汁良質なタンパク質を多く含み、あっさりとした「鰹節」のだし汁が特におすすめです。

※市販の出汁には添加物が入っていることが多いので注意してください。

魚類は何日目から食べていい?

ファスティング後に動物性タンパク質を含む魚を食べると、内臓に大きな負担がかかってしまいます。

そのため回復期4日目以降の回復食として摂るのがおすすめです。

※だし汁の場合は2日目以降からでも大丈夫です。

まとめ

【魚類が回復食におすすめな理由】
⑴タンパク質が豊富
⑵栄養価が高い
【魚類のおすすめの食べ方】
だし汁
【魚類は何日目から食べていい?】
基本的には回復期4日目以降
(だし汁の場合は2日目以降)

今回は「まごわやさしい」食材の「魚類」について紹介しました。

ファスティングの回復食にはぴったりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね!

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)