ファスティング研究所

ファスティング中に運動してもいい?効果や注意点を解説!

ファスティング中に運動してもいい?効果や注意点を解説!

ファスティングの目的は体本来の機能を正常に戻すこと。

しかし現在ではダイエット目的で行う方も多く、ファスティング中の運動について質問されることも多いです。

そこで今回はファスティング中に運動を行うことによる効果や注意点を紹介していきます。

ファスティング中に運動してもいい?

結論から言ってしまうと、ファスティング中に運動を行うことは良いことです。

ファスティング中に適度な運動を取り入れることで、

・基礎代謝アップ
・脂肪燃焼
・食欲抑制
・ストレス解消

このように心身ともに良い効果を得ることができるからです。

ただしファスティング中に運動を行うときには、いくつかの注意点があります。

ファスティング中の筋トレについて

ファスティング中に筋トレを行う場合、重い重量でのトレーニングは避けてください。

タンパク質を補給しづらいファスティング中に筋肉を大きくすることは難しく、むしろ何も食べていない状態で高負荷のトレーニングを行うと、エネルギー不足によって筋肉が分解され、代謝が落ちてしまう可能性があります。

そのためファスティング中に筋トレを行う場合、有酸素運動の前に軽く行う程度がおすすめです。

有酸素運動の前に筋トレを行うことで、通常よりも効率的に脂肪が燃焼されるからです。

ファスティング中の有酸素運動について

ファスティング中に有酸素運動を行う場合、速いペースや長時間のランニングなどは避けてください。

確かにファスティング中は空腹のため脂肪が燃焼されやすいですが、エネルギー不足の状態で激しい有酸素運動を行うのは危険です。

そのためファスティング中に有酸素運動を行う場合、1時間前後のウォーキングやジョギングがおすすめです。

他にもスイミングやサイクリング、ヨガやストレッチなどでも十分効果はありますよ。また運動の前後には水分補給を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

ファスティング中には運動を取り入れるべきですが、痩せたいからと無理に激しい運動をすることは禁物です。

適度な負荷で気持ちよく汗を流して、健康的にファスティングダイエットを行いましょう!

気軽にコメントどうぞ

*
*
* (公開されません)